緩和支持医療科とは

診療科の紹介

病気にともなうからだの痛み,だるさ,しびれ,経済的なこと,仕事のこと,家族のこと,療養場所のことなど様々なつらさ や心配をかかえて病気の治療を行うことはたいへんつらいことです。それらを解決して前向きな治療ができ,自分らしい生活 ができるようにすることが緩和支持医療科の目的です。早期からこのようなつらさを適切に治療することで,生活の質を高く たもち,治療効果も得られることが明らかとなっています。

診療体制
診療は緩和チームで行います。緩和チームは多職種,多分野の専門家の集団で,患者さん・家族の様々な苦痛を緩和チームが 治療し支援することで自分らしい療養生活が可能となります。
治療方針
主治医と連携して診療いたします。紹介状をおもちください。身体的な痛みは早く,効果的に除去することを目標としています。
痛み,その他の症状でお困りの方に対して,痛み止めの適正量の検討,適切な痛み止めの選択,ブロック,放射線,外科療法 などの適応に関する相談と助言を行います。
得意分野
疾病に伴う痛み,呼吸困難,だるさなどの身体症状の緩和
病気に伴う悩み,不安などの精神症状の緩和
療養に伴う就労,社会扶助,療養場所などの社会的問題の解決
病気に伴う心の痛み(スピリチュアルペイン)の解決
ご家族へのサポート
対象疾患
◎ がん,慢性疾患,その他。
外来受診のご注意
主治医あるいはかかりつけ医の紹介状をおもちください。地域連携室を通してご予約ください。緊急の場合はご相談ください。

緩和医療は、なぜ必要か?

松岡順治/ 診療科長 岡山大学大学院保健学研究科 教授
松岡 順治/ 教授
出身大・卒業年
昭和54年 岡山大学医学部医学科卒業
昭和61年 岡山大学大学院医学研究科修了
学位・資格・免許
学位・資格・免許
日本外科学会指導医
日本外科学会外科専門医
日本乳癌学会 乳腺専門医
がん治療認定医
日本緩和医療学会 暫定指導医
がん領域における主な活動
日本乳癌学会 評議員
日本癌治療学会 評議員
中国四国広域がんプロコンソーシアム事務局 事務局長
野の花プロジェクト代表
日本緩和医療学会 代議員
日本臨床腫瘍学会 協議員
片山 英樹/ 助教
南 大輔/ 助教
出身大・卒業年
平成7年 岡山大学医学部卒業
学位・資格・免許
医学博士
日本内科学会 総合内科専門医
日本呼吸器学会 呼吸器専門医
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
日本緩和医療学会 緩和医療専門医
がん領域における主な活動
日本臨床腫瘍学会 協議員
日本緩和医療学会 代議員
専門
緩和医療
古口 契児/ 医員
南 大輔/ 助教
出身大・卒業年
昭和58年 岡山大学医学部卒業
学位・資格・免許
日本緩和医療学会 暫定指導医
がん領域における主な活動
日本緩和医療学会 代議員
日本死の臨床研究会 中国・四国支部世話人
緩和医療研究会(岡山)世話人
鍛治園 誠/ 薬剤師
鍛治園 誠/ 薬剤師
出身大・卒業年
平成12年 熊本大学薬学部薬科学科卒業
平成14年 熊本大学大学院衛生薬学研究科修了
学位・資格・免許
日本医療薬学会 がん指導薬剤師
日本医療薬学会 がん専門薬剤師
日本緩和医療薬学会 緩和薬物療法認定薬剤師
日本病院薬剤師会 認定指導薬剤師
衛生検査技師
がん領域における主な活動
臨床腫瘍薬学
緩和医療薬学
高下 典子/ 緩和ケア認定看護師
高下 典子/ 緩和ケア認定看護師
出身大・卒業年
昭和63年 岡山大学医学部歯学部付属看護学校
学位・資格・免許
日本看護協会 緩和ケア認定看護師
がん領域における主な活動
日本がん看護学会 学会員
日本緩和医療学会 学会員
pagetop